migugu2007

日頃から思っていること。

原子モデルについて考えました。

地磁気について
地球には、北極をN極とし、南極をS極とした、地磁気が確認できます。何故、そうなっているかと思いますか?多分、海水中のFe(鉄)が導体となり、そして、北極の空に輝くオーロラがマイナスに帯電し、北極の海水が、プラスに帯電し、N極となります。そして、南極大陸は、マイナス帯電物質から成り、S極となって、地球の地磁気が完成するものと思います、その磁気力は、非常に大きいであろうことでしょう。そして、この地磁気を感知して、渡り鳥は、飛行しているようです。
磁気について
磁力は、不思議な力かと思います。磁力を持つ物資が磁石です。磁石は、導体である必要が有ります。何故かというと、電子が移動しなければならないからです。電子の移動には、先に記した地磁気が、関係します。北極のN極方向に、導体の一方端に電荷マイナスの電子が集まり、S極となります。従って、一本の導体の逆端は、プラス帯電し、N極となります。これで、一本の磁石が完成します。つまり、地磁気が磁石生成に必要なのだと思います。

中間子の存在は1935年湯川博士により存在が提唱され、その後実証されました。1×10−12秒と言う地上に存在しないため、発見は難しいかもしれませんが、未知の中間子も 発見されるでしょう。He原子にH原子が結合してLi原子となりますがここではベリリウム原子を
Fig-5に示します。立方体の電子が原子核の廻りを回転するのではなく、ボヤっと存在しているきがします。電子が存在する位置は、K殻(ガラ)、L殻、M殻、N殻、O殻、P殻、・・とありますが、それぞれに存在出来る電子の数が決まっています。2個、8個、18個、32個・・・です。
電子は、原子量0の結合体の外側の稜に確率的に存在していて一番外側の電子が他の原子と結合する。電子は、物質の電気的特性を決定している。電子が離れやすければ導体になります。例えば、雷は雲の水分が摩擦により電子が遊離し、次第に集積しマイナスの塊となり、プラス帯電の地上へ閃光、雷鳴と共に地上に向かい、電流は地上から雲へ流れます。
一方、電子の結合の強い分子は、ダイヤモンドのような非常に硬い物質を生成します。

蛇(神)について考えています。

,蛇(神)が人々に毛嫌いされることについて

思うに、人類の祖先とあの恐竜は、存在の時を同じくしていないでしょう。但し、小型の哺乳類としては、地上に同居していたでしょう。そのわずかな記憶が遺伝子に刻まれ、爬虫類に恐怖を抱くようになったのではないでしょうか?爬虫類の体温は、気温に依存しているようです。ですから、変温動物と呼ばれることもあるようです。蛇の目をじっと見つめたことがありますか?そこには、何の感情もない底知れない冷たさのあるガラスの穴のようなものがあるだけです。そしてあの不気味な地を這う細長い体そして色は、恐ろしさだけを感じてしまいます。

病(やまい)について考えています。

病(やまい)について再掲 

病については、「現世紀」で記(しる)していますが、ここで改めて記述してみます。病の原因は、自分にある、と記(しる)していますが、よく考えるとそればかりではないような気がしてきました。何故なら、病など悩みがある時に、人間は、「神」のことを思うからです。病が「死」のイメージに直結しているからです。「死」つまり「生」の終焉が「神」を連想するように人間の思考は形作られているのです。「傷」、つまり「ケガ」は、医学が進んだ現代では、かなり「死」とは、直結しなくなっています。だから、むしろ「人生の休息」と考えてよいのではないでしょうか?

 

地球の大気について考えています。

大気につて

太陽系の惑星には大体大気が存在しています。酸素の含まれる大気は多分地球だけではないでしょうか?大気とは惑星を覆う気体の層のことで、気体の層を「大気圏」、気体そのものを「大気」と呼び地球では「空気」と呼びます。 地球の「大気圏」は4つに分かれ、0-(9)・17kmを対流圏、(9)・17km-50kmを成層圏、50km-80kmを中間圏、80km-約800kmを熱圏となる。地球の大気組成は :78.084%、 :20.9476%、 :0.934%、 :0.032%、その他多数:0.0024%です。

分子は分子量が大きいほど重いので地球表面ほど重い分子が漂い高層ほど軽い分子が漂っているのではないでしょうか?例えば , , となっているのではないでしょうか?

 

 62,大気について 続き(2)

先に記したように大気圏は4つに分かれますが別の呼び方もあります。地球表面から電離層、オゾン層、磁気圏、プラズマ圏、です。電離層は大気中の原子や分子が太陽光の紫外線を受け光電離してイオンが大量に存在している層です。分布は地球表面から60㎞-500kmです。オゾン層は

が、太陽光の影響で になった層でオゾン層は太陽光の紫外線を防いで10km-50kmに分布します。磁気圏は太陽からの高エネルギー荷電粒子が地球の磁力線で地球の周囲にヴァン・アレン帯として分布し高濃度の放射能を放出しています。磁気圏の形状は太陽風の影響で彗星のような形をしています。これが地球の生物を宇宙からの危険な宇宙線から守っています。最後にプラズマ圏は低温のプラズマが地球の自転と共に回転して、高度2万kmまで分布しています。

太陽について考えています。

太陽について

地球は太陽の周囲を平均一天文単位離れて周回しています。一天文単位は です。光の速さは ですから太陽の温かさは500秒で地球に到達します。つまり8分20秒になります。そして伝わってくる宇宙空間は-273℃ですが、太陽の温かさは失われることはありません。何故でしょうか?太陽光は赤外線、可視光線、わずかな紫外線から成っています。赤外線が温かさを伝えます。赤外線、紫外線は電磁波です。熱には伝導、対流、放射があります。放射は物体に当たって初めて温かさが伝わります。宇宙空間には何も存在しないので熱は生じません。赤外線が電磁波として地球の物体に衝突して初めて熱となります。地球の大気で3~4割のロスがあります。電磁波が発生する振動のエネルギーは太陽の熱エネルギーによります。熱エネルギーは1~0.8kwです。この熱エネルギーが地球に降り注いでいます。この熱エネルギーは水1ccを1分間に1℃上昇させるでしょう。但し多少の誤差はあります。

太陽の・温かき事・かの如(ごと)し・ありがたきかな・優しき日々よ

古代中国の思想家老子について考えています。

老子について

高校2年生の漢文の授業で「老子」と言う古代中国の思想家を知りました。孔子との討論の場面だったと思います。老子の言っている言葉が不思議に心に響いていた感じがしています。先生にそのことを話すと先生は「君の人生に影響するかもしれない。」というようなこと言っていました。今現役をリタイアしてそのことを思い出して「老子」について調べてみました。生まれた年、没した年ははっきりしていないようですが、生まれた年が紀元前571年で没した年が紀元前471年らしいです。思想は「小国寡民」を理想として人々の管理者に「無為の治」を説いています。この思想は「孔子」などの大国を志向した儒教家と異なりどこか現実逃避の隠遁者的思想かもしれません。しかし「論語」でもてはやされた「孔子」の思想と異なり、「小国寡民」の国には兵器はあっても使われることは無く、死を賭して遠方に向かわせることも無い。船や車も用いられず、戦争なども無い世界を描いている。人々の生活は、難しい言葉は用いず、食料は互いに倹約して用い、服装、住居も質素にし、これらを自給自足で賄うという素朴な生活で満足する人々で満ちることを説いている。これら「老子」の思想は「道教」として現在に残っている。そしてこの「道教」が西洋文化にも影響しているのだろう。特に西洋の宗教はこの傾向が著しい。「老子」の名言をいくつか記(しるし)します。

・上善は水の如し。水は善く万物を利して争わず。・足る、を知る。・物事をまだ種のうちに見抜けるなら、それを天才と言う。・功成り名を遂げて身退くは天の道なり。・天は万物を生みて所有せず、育ててこれを支配せず。・ただ自分自身であることに満足し、比較したり、競争することが無いのであれば、全ての人が君を尊敬するだろう。・魚を与えれば、一日食べていける。魚の取り方を教えれば、一生食べていける。・誰かを深く愛せば、強さが生まれる。誰かに深く愛されれば、勇気が生まれる。

 こんな「老子」の思想が私の人生を形創ったのではないかと思っています。